その他 資産形成

長期投資に期待し過ぎない

今回は「長期投資に期待し過ぎない」についてお話します。

 

長期投資は15年以上続けないと効果が表れ始めません。

 

投資を始めるとお金がたくさん出来るような気がして、

すぐにお金が増えることを期待してしまいます。

 

しかし、投資を始めて2年3年経ってみるとわかりますが、

投資によって生活は経済的に大きく変わりません。

 

なぜなら、投資は元本(がんぽん)をいかに大きくするかが

大事になってきます。

 

例えば利回り年利5%の投資信託をした場合で考えてみます。

なお、今回は利益の単利と複利については考えません。

 

元本が1000万の場合は50万の利益

これに対して、

元本が100万の場合は5万の利益になります。

 

1000万で50万、100万で5万の利益です。

正直、凄い多いって感じではないと思います。

 

しかも、元本1000万を作る場合

年間100万(約月8万)投資をしても10年はかかります。

 

10年で1000万を作って利益50万です。

凄い多いとは思えませんよね。。。

 

だからこそ、投資に期待しすぎるとギャップが生まれます。

投資は15年、20年とそのくらい続ける前提でいてください。

 

僕は今では半分ほっといています。

投資の進捗を見るのは1ヶ月に1度あるかないかくらいです。

 

投資信託をするなら慣れてきたらそのくらいで問題ありません。

むしろ、そうでないと投資信託の意味がありません。

 

15年くらい続けると元本もそれなりに大きくなり、

効果がわかるくらいに増え始めます。

 

FIREも言っていましたが、

資産形成は生活に根付いて長期的に進めていくものです。

 

何度も言いますが短期的に見ないで長期的に見ましょう。

 

資産形成は自分が60歳くらいになったときに大きな資産となって

経済的に大きく助けてくれるモノになります。

 

自分の資産を育てていくスタンスでいきましょう。

人間と一緒で15~20年くらい育てて一人前になります。

-その他, 資産形成

© 2021 youiblog Powered by AFFINGER5