お金 資産形成

資産形成の必要額とは

今回は「資産形成の必要額とは」についてお話します。

 

資産形成の必要額は人によって違いますが老後に普通の生活をするには

貯金以外に2000万円が必要になってきます。

 

普通の暮らしの場合とゆとりある暮らしの場合で内訳を見ていきましょう。

 

条件は「夫婦2人、貯金1000万、老後期間、65~90歳、年金2人で13万/月」です。

 

  • 普通の暮らしの場合

夫婦2人で老後に余裕のある暮らしをする場合は生活費が約23万/月かかります。

 

そして、年金が月15万支給される前提だと23万-13万=10万/月が必要になってきます。

年間で120万/年です。

 

これを25年間繰り返すと生活費は合計3000万になり、

貯金が1000万あった場合でも合計2000万が必要になってきます。

 

 

  • ゆとりある暮らしの場合

夫婦2人で老後に余裕のある暮らしをする場合は生活費が約36万/月かかります。

 

そして、年金が月15万支給される前提だと36万-13万=23万/月が必要になってきます。

年間で276万/年です。

 

これを25年間繰り返すと生活費は合計6900万になり、

貯金が1000万あった場合でも合計5900万が必要になってきます。

 

比較してみると

普通の暮らしをする場合は、貯金1000万以外に2000万必要

ゆとりある老後を送る場合は、貯金1000万以外に5000万必要

 

結構大きな金額になりました!!

 

親世代では上記の金額を

・退職金(会社)

・年金(国)

・銀行の利息(銀行)

で作ってきましたが、現在はどれも期待できません。

 

貯金で5000万を作る場合、生涯年収を1.5億~2億と考えると

生涯年収の1/3~1/4を充てることになります。

 

不可能ではないですが現役の時は贅沢をすることは難しそうです。

老後のために今を犠牲にするのも違います。

 

老後に人生を楽しく豊かにし、今も楽しむためには資産形成が必要です。

何度も言っていますが資産形成は強い味方です。敵ではありません。

-お金, 資産形成

© 2021 youiblog Powered by AFFINGER5