お金 その他

資産形成におけるローンを組む意味

今回は「資産形成におけるローンを組む意味」についてお話します。

 

ローンを組むと余計なお金を払うことになるのでお金の無駄使いが大きく増えます。

 

例えば、マイホーム購入で3000万の住宅ローンをした場合

条件は、

・借入期間:35年

・金利:1.5%

 

なんと利息の総額は約850万になります。

3000万の買い物なのに、850万も余計お金を支払うことになります。

 

850万は、サラリーマンの平均年収450万の約2倍に当たります。

その金額を余計に払って合計3850万円を払うことになります。

 

35年間ですと年間で110万、月約9万の支払いになります。

 

金利2.5%なら利息は1500万になります。

1500万なら中古のマンションを買えそうなくらいの金額です。

 

言い方は悪いですが、もはやローンの奴隷です。

 

余計なお金を年収の倍以上払うことになります。

ローンを組むということはこういうことなんです。

 

最大の無駄使いです。

ローンのために働く時間が出てきます。

 

ローンを組むとこの金利が敵になります。

それに対して資産形成の金利は味方になります。

 

 

仮にローンの返済額9万円を35年間毎月投資し続けて、

毎年の投資の金利が1.5%の場合は、35年後に約5000万出来上がります。

 

 

同じ9万をローンに使うのか、投資に使うのかで35年後の資産は大きく変わります。

 

ローンの場合は、35年物のマイホームが手元にあります。

投資をした場合は、約5000万の資産が出来上がります。

 

金利を敵にするのか味方にするのか、ここが資産を築く上で大きな分かれ目になります。

ちなみに、よくある「マイホームvs賃貸」の話をしているわけではありません。

 

同じお金でも使い方次第で変わってくるということをお伝えするためです。

 

僕のような平凡サラリーマンがローンを組むと資産形成に関しては、

大きく出遅れてしまうのでよ~~~~く考えてからにしましょう。

 

ローンのためにまで働くことはありません。

-お金, その他

© 2021 youiblog Powered by AFFINGER5