その他

老後2000万円問題

今回は「老後2000万円問題」についてお話します。

 

老後2000万円問題は時間をかけて資産形成をすれば

難しい問題ではなくなります。

 

2000万円とだけ聞くと大きな金額なので難しいそうに

聞こえてきます。

 

しかし、20~30年という長い時間を身に付けて資産形成を

すれば困難な問題ではなくなります。

 

そのためにはいくつかポイントがあります。

 

①複利運用

②ドルコスト平均法

③年利4%前後

④投資期間:20~30年

 

この4つのポイントを押さえておけば2000万も達成可能です。

 

1つずつ説明していきましょう。

 

①複利運用

 

複利運用とは利益分を投資額に上乗せして投資をする事です。

 

例えば、

100万円を投資して利益が5万円だとしたときに、その5万円を

使わずに100万円に加えて105万円で投資を続けることです。

 

この複利運用を20~30年かけて続けていくことで大きな金額に

なっていきます。

 

②ドルコスト平均法

 

毎月同じタイミングで同じ金額を投資する方法です。

 

なぜ、

ドルコストをするかというと同じタイミングで投資し続ける

ことでリスク分散に繋がります。

 

例えば、

一括で100万円投資した場合、翌月に暴落したら100万円が

目減りします。

 

しかし、100万円を10回に分散して投資をした場合は

あるタイミングで暴落しても暴落した値段は100万より低くなる可能性があり、

暴落後に安い値段で買えるメリットがあります。

 

また、分散するので少額から投資できます。

 

③年利4%前後

 

この利回りは日本での平均的なリターンです。

長期的に臨めば達成できる数値です。

 

ちなみに、世界の平均利回りは7%前後です。

 

④投資期間20~30年

 

長期投資で複利の効果が出てくるのは20年は必要です。

長ければ長いほど複利の効果が大きくなってくるので20年以上は

投資をし続けましょう。

 

この4つのポイントを抑えておけば2000万円問題は

それほど難しくありません。

 

事実、金融庁が2000万円問題を提示した報告書にも

「長期・分散・積立」を推奨しています。

 

あとは、

それを皆さんが行動に移すか移さないかだけの話です。

-その他

© 2021 youiblog Powered by AFFINGER5